ペイントクレンズ


ペイントクレンズはLSP(Last Step Product)コーティングする前に、簡単かつ安全に塗装面を整え復元させるプロセスです。洗車後も残っている汚れやほこり、軽い接触事故により生じたダメージなどを除去することで塗装面に負担を与えるクレイングやコンパウンドの使用を減らし、初心者から専門家まで簡単に塗装面のコンディションを復元することができます。

 

ペイントクレンズ


ペイントクレンズはLSP(Last Step Product)コーティングする前に、簡単かつ安全に塗装面を整え復元させるプロセスです。洗車後も残っている汚れやほこり、軽い接触事故により生じたダメージなどを除去するケミカルです。クレイングやコンパウンドを使用する前にご使用下さい。

ペイントクレンズの主要なパフォーマンス

塗装面に様々な要因により小さな傷やダメージが生じるが、毎回のディテーリングで小さな傷やダメージを除去することは簡単ではありません。しかし、ペイントクレンズなら洗車後に残った汚れや水垢、頑固な汚れなどを簡単に除去することができるます。ポリッシングを行うことができない場合は、ペイントクレンズの使用が必須です。

一般的に塗装面は上記の図のようにベースコート、ペイントコートとクリアコートで構成されています。最上位にあるクリアコートに小さな傷や頑固な汚れが多く生じると、乱反射を起こし塗装面の色味や明るさを低下させます。

普段からペイントクレンズを使用して頑固な汚れが溜まることを防ぎ塗装面の色味と明るさを維持させることが重要です。

エンハンスペイントクレンズ
洗浄後の塗装面に残っているほこりや水垢などを除去し塗料本来の色味と艶を出すケミカルです。頑固な汚れを除去することで小さな傷も目立たなくなり、クリアコートの透明度と光沢を高めてくれる製品です。

エンハンス詳細ページ

 

軽い接触事故車のペイントクレンジング前

軽い傷がついた際に修理店で部分塗装をするか、保険を適用すべきか悩むところですが、このような場合、先ずは洗車後にペイントクレンズを使用してみてください。塗料が剥がれたり、パネルが凹んでいたりと損傷がひどい場合も一度ペイントクレンズを使用することをおすすめします。

 

ペイントクレンズ使用方法


ペイントクレンズを使用して、塗装面を整える方法は簡単です。まずエンハンスを塗布するソフトコットンアプリケーターとケミカルを拭き取るマイクロファイバータオルを準備します。

アプリケーターにペイントクレンズを1円硬貨サイズ程度を付けて、使用したい箇所に優しく塗布します。使用するときは、力を加えることなくスムーズになじませるとケミカルが汚染と化学反応します。塗装面に塗布後、時間をおいて清潔なタオルで拭き取ります。ご使用時の注意:アプリケーターで力をいれて塗布するとスワールが生じる可能性があるため、やさしく塗布してください。

クロームパーツへの使用

ペイントクレンズは、塗装面以外にもゴム、プラスチック、クローム、ガラスなどほとんどの車両パーツに使用することができます。特にクロームについた水垢や汚れにペイントクレンズを使用すると簡単に艶を甦らしてくれます。

また、濁ってしまった古いライトカバーやゴムパッキング、プラスチックなどにも使用することができます。車のほぼ全パーツに残っている汚れをペイントクレンズ一本で除去することができます。

Don't just follow us, join us!

×