ホイールクリーニング


輸入車の増加に伴い、ホイールクリーニングの重要性が高まっています。輸入車はブレーキダストを多く発生させると言われており、 数日でホイールが真っ黒になります。(強力なエンジン性能に耐えうるブレーキ性能を必要とするため)

わずか一週間でブレーキダストまみれになる欧州車のホイール
 

ホイールはタイヤの次に路面に近く、走行中は常に高温な状態となります。そのため、ホイールについた汚染物質を除去するには強力な洗浄力を持ったホイールクリーナーを使用する必要があります。



ホイールクリーニングの準備物


ホイールクリーニングに用意する物はホイールブラシ(用途別2種)、ディテーリンブラシ、ホイールクリーナーです。ホイールブラシを使い分けずに使用される場合が多いですが、形状に合わせて使い分けることをお勧めします。下の写真のホイールブラシ1のような筒状のホイールブラシは、ホイールスポークの内側(リム)を洗浄するのに最適な形であり、ホイールブラシ2のような片面のみにブラシがついているホイールブラシは、ホイールスポークの外部を洗浄するのに好ましい形状となります。 ディテーリングブラシはスポークのボルトなどのホイールブラシでは対応できない細かい部分にご利用ください。

 

ホイールクリーナー

 

現在オートブライトダイレクトのホイールクリーナーはベリーチェリーNon AcidホイールクリーナーとベリーチェリーAcidホイールクリーナーの2種類あります。どちらの製品も、
最大1:20(製品:水)の比率で希釈してご使用いただけるチェリーの香り漂う高濃縮、高性能の製品です。

ベリーチェリーNon Acidホイールクリーナーは非酸性のホイールクリーナーですべてのタイプのホイールに お使い頂けます。クロームホイールにお使いの場合は1:10(製品:水)以上の比率で希釈してご使用ください。

ベリーチェリーNon Acidホイールクリーナーの詳細ページは⚡こちらよりご覧ください。

ベリーチェリーAcidホイールクリーナーは、酸性の製品です。ベリーチェリーNon Acidホイールクリーナーでは落とせない頑固な汚れはベリーチェリーAcidホイールクリーナーで除去することができます。

ベリーチェリーAcidホイールクリーナーの詳細ページは こちらよりご覧ください。

 

ホイールクリーニング方法

 

初めにホイールが十分に冷めていることをご確認下さい。 走行が終わってすぐのホイールとブレーキディスクは高温のため、冷たい水をかけるとディスクが変形する場合があります。必ずホイールを十分に冷ました後、ホイールクリーニングを開始してください。



ホイールクリーナーをホイール全体に噴射していきます。
この時、リムの内側まで入念におかけください。また、ホイールクリーナーを塗装面にあまりつかないようにご注意ください。

スポークの外側に比べ、内側のリムは特に汚れが目立ちます。ホイールクリーナーを噴射し1分程度放置した後、リム用ホイールブラシを利用してリム部分を洗浄していきます。

内側をすべてブラッシングしてからディテーリングブラシで外側のスポークとボルト穴を入念に洗浄します。最後に高圧水で洗い流せば完了です。

 

ブレーキダストの除去


ここで終わりではありません。前述のようホイールには道路から跳ねた汚染物質とブレーキダストが付着しています。

鉄粉除去剤のパープルレインを利用して、確実にブレーキダストを落としていきましょう。
パープルレインは月に一度程度または、洗車3〜4回に一度の頻度でお使い頂くことをお勧めします。
パープルレインの製品の詳細ページは こちらからご覧ください。

タールの除去


ホイールに黒い物質が残っている場合があります。これはアスファルトから飛び付いたタールが原因です。

このようなタールは力づくで除去しようとするとホイールに傷をつけてしまいます。タール除去剤のジャストトニックで簡単に除去することが可能です。 詳細ページは  こちらからご覧ください。

Don't just follow us, join us!

×